menu
  • Facebook
  • Pinterest
  • home
  • BLOG
  • ボストンテリアの歴史②

BLOG

ボストンテリアの歴史②

ボストンテリアの歴史②

そして驚くなかれ、ボストンテリアも、これらブルドッグとテリアのミックスから生まれた闘犬がもとになっているのだ。イギリスから闘犬である「Hopper’s Judge」という犬がアメリカに輸入された。この犬は当時の闘犬としては割合小ぶり、およそ15kg。脚長で、暗色のブリンドル(虎毛)模様、ブレーズ(目と目の間から鼻梁まで中央を通る白い線)を持ち、首回りもホワイトの犬だった。この犬が、その後のボストンテリアのコートカラーの原型を作ったといってもいいだろう。そうこうするうちに、闘犬の流行もいつの間に廃れていった。この時点で世の人々はもはや戦わせることよりも、可愛がるということに犬の価値を見出しはじめたのだ。

というわけで闘犬を元に愛玩犬としての繁殖が始まった。ブリーダーは計画的にインブリーディング(血縁交配)を重ね、サイズダウンに成功。現在のボストンテリアになるべきプロトタイプを作成した。それでも当時の「愛玩犬」タイプにブリーディングされた闘犬は今よりもやはりまだごっつい見かけ。闘犬ブルドッグの面影が十分に残っていた。そしてコートのカラーも全体的に白っぽかったものだ。現在でもボストンテリアにはホワイトが勝っている子が生まれやすいのだが、それも当時の名残ともいえるだろう。

これら犬たちに「フレンチ・ブルドッグ」の血が加わり、いよいよ犬種の完成となった。その頃、丸顔ブルドッグ・とか、ボストン・ブルドッグ、トイ・ブルなどと様々な名前で呼ばれていたが、1893年にアメリカ・ケネルクラブによって公認を受け、「ボストン・テリア」という正式な犬種名が与えられた。

ボストン・テリアは、その後どんどん人気を高めていった。最初は社交界のサロンで流行りの犬となり、1920年から39年の間ではアメリカで家庭犬人気トップ10のナンバーワンをしばらく誇っていた。そしてアメリカケネルクラブでは1920年から53年の間になんと300000頭以上ものボストンテリアが登録されたという。

ボストンテリアフェスティバル2018 開催概要