menu
  • Facebook
  • Pinterest
  • home
  • BLOG
  • ミックス犬のおもしろさ-どんな犬種が背後に控えているのかな?その見方-③

BLOG

ミックス犬のおもしろさ-どんな犬種が背後に控えているのかな?その見方-③

ミックス犬のおもしろさ-どんな犬種が背後に控えているのかな?その見方-③
・文:藤田りか子

何がでてくるか推測するために知っておきたい体の特徴(2/2)
そしてこの犬の顔の眉間シワに注目。ローデシアンらしいプリミティブ・ドッグ(古代犬)にありがちの眉間皺から授かったものに思えます。観察するかぎりでは眉間皺はどうも顕性遺伝(優性遺伝)をする感じですね。もう一つの例を写真4で見てみます。これはロットワイラーとシャーペイ(写真5)のミックス。シャーペイなど、アジア系の犬にも眉間シワはよくみられます。そしてこのミックスにもそれがはっきりとでているのがわかります。それからもう一つ面白い点は、ローデシアンリッジバックの背中のリッジもどうやら顕性遺伝するものらしいのです。写真6には写真1のミックス犬の背中ですが、しっかりとリッジが表れています。

前述したスムースコートですが、ロングに対してスムースは顕性遺伝をします。写真7はそのよい例です。これはドーベルマンとフラットコーテッドレトリーバーのミックス。この犬にはフラットのロングコートは表されていませんね。ドーベルマンのごとくつやつやのコートです。つまりスムースコートは顕性遺伝することをはっきり示しているというわけです。

    

freestitch Festival 2019 開催概要