コッカーとスパニエル種の歴史について

皆さんは、愛犬の犬種の歴史を知っておりますでしょうか。コッカーの歴史をご紹介します。愛犬がどのような歴史をたどってきたのか覗いてみましょう。

スパニエルと名のつくブリードはたくさんいる。スプリンガースパニエル、コッカー、キングチャールズ,etc…。公認種だけでも10種以上はいるだろう。全員が長耳、毛長、そして一応にあの典型的な可愛らしいスパニエル顔をしている。犬種に慣れてなければ、名前と外見を一致させるのが難しいかもしれない。
それにしても、何故こんなにたくさんのスパニエルが?

・フランス人がスペイン産と言ったから…

スパニエルというのはフランス語で「スペインの(Epagneul)」という意味。けれど、不思議なことに現在スペインにはスパニエルルックスを持つ犬種が原産犬として見当たらない。言うなれば、日本人が小麦粉を当初アメリカからきたものとして「メリケン粉(アメリカンから訛って)」と呼び始めたようなものかもしれない(その国が原産でもないのに関わらず)。このイヌ達についても、たまたまスペインから最初に入ってきたという理由で、フランス人がそう名づけたのではないだろうか。
現在のスパニエルを最終的に形作ったのはイギリスに他ならない。イギリスへ渡ったフランス人が自分達が連れてきた狩猟犬を「スペイン犬」と呼ぶものだから、イギリス人も前へならえでそう呼ぶようになった。およそ13世紀頃の話だ。

・スパニエルというイヌとは

スパニエルは次第にある特定のタイプのイヌ、ヤマシギや小動物を狩るときにハンターを助ける猟犬の総称となる。喩えると、フランス人の持ってきた「スパニエル」というごった煮の中から、イギリス人が具を一つづつ抽出して、現在のバラエティ豊かなスパニエル種を作ったと考えればいいだろう。ウォータースパニエル(水猟犬)と区別するために、陸で活躍する狩猟犬として「コッカー」(ヤマシギ)や「フィールド」なんて言葉を名前にかぶせるようになった。貴族の近くでヒラヒラしていた割合小柄なコはさらに改良を受け、「チャールズ王のスパニエル(すなわちキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル)」として抱き犬愛玩犬として後に登場する。

犬種のグループ分けの秘密

コッカーとスパニエル種の歴史について
・文:藤田りか子

TOPICS

2024年秋冬企画イベント
2024年秋冬企画イベント

フリーステッチでは年間25犬種前後のイベントを企画・開催しておりますが、開催できる日程が限られておりどうしても企画ができない犬種のイベントもございます。 そこで、2024年秋冬イベントは一次締切日までのアンバサダー応募数や前回開催時の参加数に応じて、そのシーズンのイベント企画犬種を決めることとなりました。

50mスプリント結果発表(Cocker Spaniel)
50mスプリント結果発表(Cocker Spaniel)

50mスプリント参加数:66頭 次回のご参加も心よりお待ちしております。 【Cocker Spaniel Festival 2023】

家族でダッシュ(Cocker Spaniel)
家族でダッシュ(Cocker Spaniel)

コッカーフェスティバル2023にご参加頂くご家族を対象に、50mスプリントのコースで走るご家族の写真撮影を行います。 垂れ幕の前で撮るものとは違った、家族が自然と笑顔になるような家族写真撮影を行いますため、イベント参加の記念に撮影してほしいという方はぜひご参加ください。

ご長寿犬表彰(Cocker Spaniel)
ご長寿犬表彰(Cocker Spaniel)

Cocker Spaniel Festival 2023にご参加いただくワンちゃんの中からご長寿犬を表彰します。

集合写真撮影(Cocker Spaniel)
集合写真撮影(Cocker Spaniel)

コッカーフェスティバルにご参加いただく皆さまとワンちゃん達全員で集合写真を撮影します!

フィールドコンテンツ紹介(Cocker)
フィールドコンテンツ紹介(Cocker)

フリーステッチでは【meet up】イベントを通してドッグトレーナーや各種講師とレッスンに触れていただくため4種類のセミナーやレッスンをご用意しております。 1.お悩み行動:吠える、ひっぱる等、改善していきたいこと 2.コマンドトレーニング:まって、おいで等の練習や応用 3.知っておきたい事:お散歩、マッサージ、犬の気持ち体験 4.ステップアップ:アジリティ、ノーズワーク、ダンス 等 各項目は入門編にあたる簡単な内容となっておりますので、レッスンが初めての方もお気軽にご参加ください。 本イベントを通して新しい出会い・発見をしていただけると幸いです。

/