menu
  • Facebook
  • Pinterest
  • home
  • BLOG
  • ボストンテリアの歴史①

BLOG

ボストンテリアの歴史①

皆さんは、愛犬の犬種の歴史を知っておりますでしょうか。本日から2回に分けてコーギーの歴史をご紹介します。愛犬がどのような歴史をたどってきたのか覗いてみましょう。

ボストンテリアの歴史
・文:藤田りか子

犬種の歴史というのは、時に何百年前にもさかのぼりややもすると憶測の域をでないものもある。ただしボストンテリアが犬種として誕生したのはすでに金外に入ってから、1800年代の終わり。名前の通り、アメリカはボストンで誕生した。それもイギリスのブルドッグが元になっている。どうりで短頭のブル頭。

どうしてイギリス原産の犬がボストン出身の犬種が生まれたのか。それには当時のブルドッグ事情を知る必要がある。

アメリカの東海岸には、イギリスからの移民が多く入植していたものだ。彼らは当然母国で楽しんでいた余興も新天地に持ち込んだ。その一つが闘犬だ。ただし当時の闘犬というのは、日本の土佐闘犬のように、これといった一つの純血種に限定されたものではなかった。闘犬に興味を持つ人が、テリアやブルドッグなどを自由に交配させて作っていた。その代表がブル・テリアなどだ。ブルドッグとテリアのミックス。現在の犬種としての「ブルテリア」の母体ともなった。そして当時、掛け合わせに使われていたブルドッグというのは今のような穏やかな純血犬種ではなく、犬で雄牛(=ブル)をけしかける「ブル・ベイティング」で活躍していた犬の一般名称。ブルドッグにテリアを掛け合わせるというのは、イギリスの闘犬ファンの間ではとても流行したブリーディング・テクニック。ブルドッグにテリアの持つ機敏性と身軽さを加え、より闘犬としての機能アップを図ったというわけだ。

② 

ボストンテリアフェスティバル2018 開催概要