menu
  • Facebook
  • Pinterest
  • home
  • BLOG
  • 同伴出社の同意書 設定理由 1.予防接種について

BLOG

同伴出社の同意書 設定理由 1.予防接種について

フリーステッチでは”より豊かな職場を愛犬と”を合言葉に、2019年9月より“Dog Friendly Office Project(ドッグフレンドリーオフィスプロジェクト)”が始動いたしました。それに伴い実際にペットを連れて出勤をするにあたっての注意事項やルールを明確にし、同意書を作成致しました。

同意書の詳細はこちら

今回より同意書で設定したルールと、フリーステッチではそれぞれどういった理由からこのような基準にしたのかをご紹介しております。

同伴出勤の条件【1.狂犬病やウイルス性伝染病の予防接種 (犬:5種・猫:3種以上の混合ワクチン) 等を受けていること】

こちらに関しては説明しなくてもお分かりになる方は多いかと思います。

狂犬病予防注射は飼い主の義務であり法律でも義務付けられています。「狂犬病」という名前から犬だけの病気と思われがちですが、人を含めたすべての哺乳類が感染する人獣共通感染症です。

混合ワクチンは義務ではなく飼い主様が任意で行う感染症予防接種です。ただ接種が義務付けられてはいませんが、現在も日本国内で発生している伝染病ですのでワクチンで予防しておいたほうが良いものとなります。

その伝染病の中には狂犬病と同様、犬同士・猫同士だけではなくペットから人に感染する「人獣共通感染症」も含まれます。

その為愛犬を感染症から守るだけでなく、ペットから人への感染を予防する為にも必要なものとなります。

毎日のお散歩やドッグランに行くワンちゃんはもちろんですが、室内飼いの犬猫に対しても、伝染病の空気感染の可能性や飼い主様が持ち込む可能性もあることから飼育環境等に関係なく弊社では感染症予防接種を済ませてからの同伴出社を徹底しております。

同伴を希望するスタッフには同伴出社同意書の申請時に一年以内の狂犬病と混合ワクチンの接種証明証をご提示頂いております。

次回は狂犬病予防接種の猶予証明についてご紹介させて頂きます。

Dog Friendly Office Project SNSもチェックしてみてください
[Instagram][Facebook]