menu
  • Facebook
  • Pinterest
  • home
  • BLOG
  • 同伴出社の注意事項 設定理由 6.ペットのしつけについて

BLOG

同伴出社の注意事項 設定理由 6.ペットのしつけについて

フリーステッチでは”より豊かな職場を愛犬と”を合言葉に、2019年9月より“Dog Friendly Office Project(ドッグフレンドリーオフィスプロジェクト)”が始動いたしました。それに伴い実際にペットを連れて出勤をするにあたっての注意事項やルールを明確にし、同意書を作成致しました。

同意書の詳細はこちら

前回は【5.建物、家具、什器、備品、その他に破損を与えないよう留意し、破損ならびに損傷した場合は損害に伴う修復や買い替えにかかる費用等をご負担頂く場合があります】を紹介させて頂きました。

今回は【6.ペットのしつけ状況等による同伴時の制限は弊社管理スタッフ判断とします】についてご説明させて頂きます。

以前ペット同伴出社の条件として【7.最低限のしつけがされていること】についても記載させて頂いておりますが、”最低限のしつけができている”とする基準については明確な設定が難しく、それぞれのオーナー様の基準がありますので、弊社では【ペットのしつけ状況等による同伴時の制限は管理スタッフ判断】としています。

具体的には、管理責任者を決め、年に一度レベルチェックテストを実施し、オフィスに連れてくるにあたって必要なしつけがどの程度出来ているのかを確認しております。その際に問題点や改善点を明確にし、現時点でその子がどのようなかたちでの同伴出社が可能かを判断し、必要な場合は同判時の制限(足もとサークルもしくはケージならOK・リード付けたままある程度の範囲でのフリーOKなど)をお願いする場合もあります。ただ基本的にはその時点で問題があった場合でも「しつけができていないから連れてこないように」とするのではなく「連れて来られるようにトレーニングをしましょう」とお伝えをしています。なお管理責任者が同伴出社しているペットの様子を見て臨機応変に対応できるようにしております。

またDog Friendly Officeを作るにはスタッフ全員の理解と協力が必要ですので、問題改善の為に必要なトレーニングやその子への対応方法、Dog Friendly Office内でご協力頂くお願いを全体で共有する事で、オフィス内の事故を防ぐとともに従業員の業務の質の向上とペットのQOLの向上につながるよう工夫をしております。

次回は【7.同日に多数スタッフが同伴する場合は相性等を確認し、状況によっては同伴をご遠慮頂く場合があります】についてご紹介させて頂きます。

Dog Friendly Office Projectの今までの活動報告はこちら

Dog Friendly Office Project SNSもチェックしてみてください
[Instagram][Facebook]