menu
  • Facebook
  • Pinterest
  • home
  • BLOG
  • 同伴出社の注意事項 設定理由 7.同日の多数同伴する場合について

BLOG

同伴出社の注意事項 設定理由 7.同日の多数同伴する場合について

フリーステッチでは”より豊かな職場を愛犬と”を合言葉に、2019年9月より“Dog Friendly Office Project(ドッグフレンドリーオフィスプロジェクト)”が始動いたしました。それに伴い実際にペットを連れて出勤をするにあたっての注意事項やルールを明確にし、同意書を作成致しました。

同意書の詳細はこちら

今回は【7.同日に多数スタッフが同伴する場合は相性等を確認し、状況によっては同伴をご遠慮頂く場合があります】についてご説明させて頂きます。

前回【6.ペットのしつけ状況等による同伴時の制限は弊社管理スタッフ判断とします】でもご説明させて頂きましたが、弊社では管理責任者がペットのしつけ状況等を確認し、必要な場合は同判時の制限を設けております。その制限の中には社会化や人・他のペットに対する反応によるものもございます。

例えば同日に多数スタッフが同伴した場合、みんなが仲良く出来れば理想的ですがなかなか難しい場合もございます。スタッフやペットの安全を守るために相性・体格や力の差を考慮し、予め多頭の同伴の可能性がある場合は管理スタッフに確認をし、頭数・スペースを制限する場合や同伴をご遠慮頂く場合がある事にご了承いただいております。

もちろん前回の記事でもお伝えした通り、弊社では基本的には「連れて来られるようにトレーニングをしましょう」とお伝えをしている為、社会化目的や少しずつ慣らしていきたいと希望するスタッフには管理スタッフやトレーナーの指導に従う事を条件で制限を変える事もございます。

普段の散歩やドッグラン等で社会化をしたくても他のオーナー様やワンちゃんに迷惑をかける恐れがある為、社会科や犬慣れ・人慣れの練習は難しいですよね。フリーステッチではその点を理解したスタッフも多数おりますのでワンちゃんのQOL向上の為にも是非お勉強として連れてきてほしいと考えております。

以上で弊社が定めた同伴出勤同意書の設定理由をそれぞれご紹介させて頂きました。次回は全てを分かりやすくまとめた記事をアップさせて頂きます。

Dog Friendly Office Projectの今までの活動報告はこちら

Dog Friendly Office Project SNSもチェックしてみてください
[Instagram][Facebook]