グループ4 ダックスフンド

グループ別の歴史をご紹介。グループ4はダックスフンド。

ダックスフンドだけでひとつのカテゴリー、第4グループ、は成り立っています。ということは、ほかにダックスと犬世界のニッチをシェアする犬種はいなかった、ということ…? ひとついえることは、ダックスフンドは根本的に猟犬であり、その使用用途は単にアナグマ犬と考えられている以上に広いということでです。

ダックスフンドは、サイズが3つ(スタンダード、ミニチュア、カニーンヘン)とコートが3種(ロングヘアー、スムースヘアー、ワイアーヘアー)で、計9種のバリエーションが存在します。ヨーロッパではスタンダードのサイズが一番人気ですが、多くは狩猟犬として飼われています。カニーンヘンは、ウサギの穴の中に入れる一番小さなサイズの犬ですが、現在は狩猟犬として使う人はほとんどおらず愛玩犬として飼われています。
1800年代では、ダックスフンドといえばスムースが「本当」のタイプと見なされていたようで、残りのコートカラータイプ(ワイヤーとロング)は特に注目を受けていませんでした。ダックス到来初期のスタンダードでは、スムースのみが記載されていました。しかし、ロングとワイヤーは数百年前にも存在していました。

アナグマ猟のダックス
原産国ドイツのみならず、東欧、北欧では、多くのダックスは猟犬として飼われています。のみならず猟犬では一番人気の犬種でもあります。
<ダックス>とはそもそもドイツ語でアナグマを意味する言葉です。アナグマ狩り用のイヌとして何故ダックスがすぐれているのか、それは短足ということ以外にもほかに理由があります。

「それはダックスの勇気さと賢さです」
とスウェーデンでダックスフンドとともに長年の猟を行ってきたスティーグ・オウスさんは語ってくれました。彼はスタンダード・ワイヤード・ダックスフンドのブリーダーでもあります。
「ダックスフンドは地中で獲物をみつけたら吠えて一所に獲物を留めておくという猟芸を披露してくれます。人間はその吠え声を頼りに正確な位置をおしはかり、シャベルで真上から掘ってアナグマを仕留めます。吠えて止める犬は直接獲物に攻撃をかけません。それはダックスフンドが持つ賢さでもありますね。攻撃したらアナグマの鋭い爪によって大怪我をしてしまうからです。しかし見つけたらひるまずにアナグマに対して面と向かって、吠え続けられる勇気が必要です」

シカ猟のダックス
ダックスフンドは鹿猟や手負いとなったイノシシを探す「ブラッド・トラッキング(血痕追い)」にもよく使われています。これは例外というよりも、むしろヨーロッパではダックスフンドのメインの仕事となっています。

ダックスフンドにはハウンドの機能があります。獲物を探し、それを追いか、それをハンターの前に出す。現代では狩猟領地の区画は小刻みであり、獲物を隣の領地にうっかり逃すリスクもあります。なんとしても自分の土地内で仕留めるには、ダックスフンドのような短足犬がぴったり。なぜなら獲物をゆっくりと追い立ててくれるからです。さらにゆっくり追い立てるということは、動物倫理的にもメリットがあります。ダックスに追われるシカは、テンポが緩いので、パニック状態に陥らず安心してゆっくり走ります。

日本では狩猟犬としてなかなかみなされない犬種ではありますが、ヨーロッパでは今もダックスフンドはハンターの間では大人気の犬なのです。

犬種のグループ分けの秘密

文:藤田りか子

TOPICS

アメリカの人気犬種、日本が最も影響を受けるトレンド
アメリカの人気犬種、日本が最も影響を受けるトレンド

アメリカン・ケネルクラブによる2020年と1998年の人気犬種トップ10(新規登録数統計トップ10)を以下にしめします。同じ年における日本のトップ10(ジャパンケネルクラブ新規登録統計より)も比較としてごらんください。 ▼アメリカ2020年順位 1位:ラブラドール・レトリーバー 2位:フレンチ・ブルドッグ 3位:ジャーマン・シェパード・ドッグ

フランスの人気犬種
フランスの人気犬種

フランスケネルクラブによる犬種別新規登録統計トップ10はヨーロッパでもなかなかユニークなラインナップで成り立っています。そもそも、このトップ10犬種のうち日本で普通に知られている犬といえばゴールデン・レトリーバー、ラブラドール・レトリーバー、ビーグル、ジャーマン・シェパード・ドッグのみ。あとは、聞いたことはあるかもしれないけど実

日本の人気犬種、統計にみる推移
日本の人気犬種、統計にみる推移

筆者がドッグライターとして駆け出しの頃、それはつまり20年以上前の90年代の終わり。家庭犬のブームが起きていた頃です。当時の様子、今でも覚えています。ゴールデンレトリーバーとラブラドール・レトリーバーの人気ですね。同時にフリスビーなるドッグスポーツもアメリカから渡ってきて、盛んに競技会も行われていました。90年代の初めはシベリアン・ハスキーが大人気となりましたが、家庭犬としては決して易しい犬

ドイツの人気犬種
ドイツの人気犬種

ドイツの人気ベスト10犬種ランキングを見て、何か気がついたことはありませんか? FCIグループの小型愛玩犬種の集まりであるグループ9の犬種が一種もおらず、大型犬種が占めているというが特徴の一つです。しかし私が最初に気がついたのは、ベスト1

スウェーデンの人気犬種推移と日本との比較
スウェーデンの人気犬種推移と日本との比較

日本に人気犬種トップ10があるのであれば、当然海外にもあります。これからいくつか諸外国の犬種トップ10をシリーズで紹介していきたいと思います。まずは筆者が住むスウェーデンから。 スウェーデンの状況がどのようなものなのか、一番把握しやすい方法は、自国のトップ10と比べること。というわけで以下のごとく両国の最新データを載せてみました。上が日本の下がスウェーデンケネルクラブの登録犬種

イギリスの人気犬種20年の移り変わり
イギリスの人気犬種20年の移り変わり

これまではラブラドール・レトリーバーがダントツでイギリスの人気犬種の座を誇っていました。しかしフレンチ・ブルドッグの人気に火がついた途端に、ラブラドール・レトリーバーの人気独り占めの時代が終わったという観があります。実は2018年には約200頭差ではありますが、ラブを追い越し一位になっています。 それから2015年以降の新しいトレンドがもう一つあります。それはイギリスでミニチュ

/