グループ10 視覚ハウンド

文:藤田りか子

Italian GreyhoundBreed Group History歴史

グループ別の歴史をご紹介。グループ10は視覚ハウンド。

その土地にあった狩りをする能力や身体的特徴を備えた個体が人為的に選ばれ、固有の狩猟犬として発達しました。例えばタイガ(針葉樹林地帯)の民族のところからは視界の利かない森で嗅覚と持久力に優れた狩猟犬、現在でいうスピッツ犬(ライカ)が生まれました。同様に草原の民も広い土地での狩猟形態に相応しい犬を得ました。大地を駆け抜けるガゼルやウサギにスピードで追いつきそして捕らえる「コーシング」という狩猟方法に極度に専門化した犬。それが即ち、流線型のボディに長い脚を備えた「視覚ハウンド」なのです。砂漠やステップが広がるアラビア、ペルシア、中央アジア等では現在も伝統的に視覚ハウンドで狩猟(コーシング)を行っています。

コーシングによる猟の対象となる獲物は、主にウサギ(英語でヘア Hareにあたる方)です。が、たとえばアフリカやアラブ諸国であればガゼルであったり、中央アジアであればさらにキツネ、そしてアメリカではコヨーテも含まれます。そして時には、鷹狩との組み合わせで行われます。伝統的には中近東や中央アジアがその主な地域です。

視覚ハウンドの代表犬種ともいえるのがサルーキやアフガンハウンド。現地(中央アジア、中近東)で特に明確なブリード名も持たず、十把一絡げに「視覚ハウンド」を意味するような名前で呼ばれていました。場所によってサルーキであったり、あるいはタズィとも呼ばれていました。ちなみにアフガンハウンドのアフガニスタンでの現地名はタズィです。

サルーキは現在もほとんど原型を保っている視覚ハウンドです。しかしアフガンハウンドに関していえば、最初からショーリングでみるようなゴージャスなコートをまとっていたわけではありません。あの華麗さは後から欧米人によって改良を重ねられた結果です。現地のアフガンハウンドはより現代のタイプに近い見かけの場合もありますが、サルーキに似ていたり、あるいはその中間の見かけだったりします。

日本で一番よく知られている視覚ハウンドは、イタリアン・グレーハウンドでしょう。時にウィペットのミニチュア版と考えられたりするのですが、互いにそれぞれ独立した犬種です。まずイタリアン・グレーハウンドの方がウィペットよりも歴史が長いのです。中世期までには地中海沿岸地帯の貴族の愛玩犬、同時にフランスやドイツで貴族の狩猟犬として発達しました。鷹匠によるウサギ狩りで視覚ハウンドとして使われていました。

ウィペットの方は、小型といえど貴族の愛玩犬として始まったわけではありません。原産国のイギリスでは、14世紀中ごろからグレーハウンドを使う狩猟は低階級の人々には禁じられ貴族だけの特権となりました。よって代用としてウィペットが庶民の狩猟犬としてつかわれるようになりました。起源的には古代にまでさかのぼるということですが、犬種としては19世紀終わりごろに現れました。

TOPICS

Italian Greyhound Festival 2021

Italian Greyhound Festival 2021

イタグレの為のイベント、【Italian Greyhound Festival 2021 - Italian Greyhound rooted in Italy -】念願の第2回目の企画が始まりました。 イタリアングレーハウンドにフォーカスし1日を通して、お友達と一緒にお楽しみいただけるスペシャルイベントを今年も開催します。 前回は175名、117頭のワンちゃんにご参加いただきました!第2回目は前回以上にパワーアップしたスペシャルな1日となるよう企画しております。 イタグレを愛するみなさま、ぜひご参加くださいませ。 チャリティ企画としてショッピングエリアやチャリティがらポン、撮影会なども開催し、お預かりした参加費や、お買い物の一部売上はチャリティ活動にあてさせていただきます。 開催内容、コンテンツ(撮影会や、アジリティ体験、しつけセミナー等)につきましては随時、予約ページやfacebook、Instagramへアップしていきますので今しばらくお待ちくださいませ。

Italian Greyhound Festival 2020

Italian Greyhound Festival 2020

イタグレの為のイベント【Italian Greyhound Festival 2020 – Italian Greyhound rooted in Italy -】開催に向けての企画が始まりました。 イタリアングレーハウンドにフォーカスし1日を通して、お友達と一緒にお楽しみいただけるスペシャルオフ会です。 たくさん学んで、体験して、遊んで、お買いものをできるスペシャルな1日となるよう企画しております。 イタグレを愛するみなさま、ぜひご参加くださいませ。 チャリティ企画としてショッピングエリアやチャリティがらポン、撮影会なども開催し、お預かりした参加費や、お買い物の一部売上はチャリティ活動にあてさせていただきます。 開催内容、コンテンツ(撮影会や、アジリティ体験、しつけセミナー等)につきましては随時、予約ページやfacebook、Instagramへアップしていきますので今しばらくお待ちくださいませ。

家族写真撮影(Italian Greyhound)

家族写真撮影(Italian Greyhound)

家族で撮れるスナップ写真撮影を行います。 きっと良い思い出写真になりますので、ご家族全員でイベントにご参加された記念としてに是非ご参加ください。

出店者紹介(Italian Greyhound)

出店者紹介(Italian Greyhound)

Italian Greyhound Festival 2021では、皆さまが1日を通してお楽しみいただけるショッピングエリアをご用意しております。いただいたコメントと共に出店社をご紹介いたしますので事前にチェックしてくださいね。

この犬種は愛玩犬種のグループに入ったほうがよくない?

この犬種は愛玩犬種のグループに入ったほうがよくない?

〈新しい愛玩犬種グループの提案 〉 現在、いわゆる愛玩犬と呼ばれる小型犬種はFCI(世界畜犬連盟)のグループ分けによると、大半はグループ9(愛玩犬種、トイ犬種)に属していますが、実は何種かは他のグループにも散らばっています。FCIはその犬の元々の機能(使役)によって、あるいはその犬種の起源となった犬種の使役をもとにグループを分けているので、たと

一筋縄ではいかないでもドッグ・スポーツに最適編

一筋縄ではいかないでもドッグ・スポーツに最適編

前回紹介した新しいグループ分けにおける、それぞれのグループについてその特徴を紹介します。今回は「一筋縄ではいかないでもドッグスポーツ最適」編です。