ミニチュア・シュナウザーの歴史

皆さんは、愛犬の犬種の歴史を知っておりますでしょうか。今回はミニチュア・シュナウザーの歴史をご紹介します。愛犬がどのような歴史をたどってきたのか覗いてみましょう。

その歴史

ミニチュア・シュナウザーはドイツを原産とする犬種で、実はミニチュア・ピンシャーの親戚犬種にあたります。すでに600年前頃から知られており、当時はドイツ南部、すなわちバイエルンからヴェルテンベルク地方の農民の元で番犬から害獣退治に至りありとあらゆる仕事を引き受ける「農家犬」でした。このようなタイプの犬はミニチュア・シュナウザーに限らず、ヨーロッパには当時各地におり、それぞれの犬種として今も残されています。

農民は納屋や馬小屋でネズミ退治をしてもらうために犬を飼っていたものです。そしてこのネズミ獲りの犬を、ドイツのある地方の人は一般的に「ピンシャー」と呼んでいました。ただし、ピンシャーという農民の友が一つの独立したカテゴリーの犬としてみなされ始めたのは、1800年に入ってからになります。ネズミ捕りをするピンシャーの中に二つのコートタイプが存在することをきちんと認識して、当初は、シュナウザー様のコートを持つタイプを、ワイヤーヘアード・ピンシャーと呼んでいました。

シュナウザーという名が認識されはじめるようになったのは、1800年代の終わり頃になって。この頃から剛毛のピンシャーは、「シュナウザー」として多くの人に認識されるようになりました。公式にシュナウザーと呼ばれるようになったのは、1900年代になります。シュナウザーというのはドイツ語「Schnauze」に由来する言葉、口吻という意味。つまり、一度見たら絶対に忘れることができない彼らのマズルにある髭をさしています。ただし、ここでシュナウザーやピンシャーと呼んでいるのは、ミニチュアタイプではなく、スタンダードタイプ (現在スタンダードタイプのシュナウザーは45cmから50cm)。このサイズの犬たちから、改良が重ねられミニチュアタイプが登場しました。

コンタクトのよい犬種

知らない人を見ると、小さな体に不似合いほど、最初は勇ましくワンワンと吠えることもありますが、飼い主がその人に挨拶をしているのを見たとたん
「なんだ〜、別に警戒する必要がない人なんだね!」
とすぐに番犬モードを解除してくれます。そうなると、一気に社交的な行動をみせてくれます。オープンハートな犬だからこそ、世界で人気の家庭犬となったのでしょう。おまけに髭やら眉毛などがあるし、表情が人間くさいのも魅力といえます。

ミニチュア・シュナウザーは人と絆を強く結ぶ犬です。呼び戻しトレーニングの基礎さえ入っていたら、たとえノーリードにしても、好きなにおいを追ってどこかに勝手に走ってしまう、という行動はあまり見せないはずです。ヨーロッパでは公園内でよくノーリードで歩いているミニチュア・シュナウザーを見かけるものです(ただし日本ではノーリード禁止のところがあるので、真似しないでくださいね)。飼い主の5m以内をうろちょろするだけで、それ以上遠くにゆかず。人のそばにいようとする性質があるから、しつけがしやすく、つまり飼いやすいというわけです。

コンタクト度がよいので、訓練もスムースに入ります。もともとアクティブで遊び好きだから、アジリティなどのドッグスポーツも上手にこなします。体には柔軟性があり、ジャンプ力もよし。ハンドラーの指示をちゃんと聞くという協調性があるので、スポーツドッグとして活躍するミニチュア・シュナウザーは多いです。

作業犬種というカテゴリーには属していませんが、中には嗅覚能力において警察犬なみの犬もいます。ヨーロッパ諸国では足跡追求でチャンピオンタイトルを取った犬、災害救助犬として認定を受けた犬や、服従訓練競技会で一番上のクラスで優勝しチャンピオンの認定が与えられた犬もいます。

グループ2 牧畜犬と農場犬

文:藤田りか子

TOPICS

Schnauzer MEET UP 2021
Schnauzer MEET UP 2021

シュナウザーの為のイベント【Schnauzer MEET UP 2021-Schnauzer rooted in Germany -】開催に向けての企画が始まりました。 シュナウザーにフォーカスし1日を通して、お友達と一緒にお楽しみいただけるスペシャルオフ会です。 たくさん学んで、体験して、遊んで、お買いものをできるスペシャルな1日となるよう企画しております。 シュナを愛するみなさま、ぜひご参加くださいませ。 チャリティ企画としてショッピングエリアやチャリティがらポン、撮影会なども開催し、お預かりした参加費や、お買い物の一部売上はチャリティ活動にあてさせていただきます。 開催内容、コンテンツ(撮影会や、アジリティ体験、しつけセミナー等)につきましては随時、予約ページやfacebook、Instagramへアップしていきますので今しばらくお待ちくださいませ。

オーストラリアの人気犬種 
オーストラリアの人気犬種 

オーストラリア・ケネルクラブによる2020年と1999年の新規登録犬種頭数統計を以下に示します。 ▼2020年オーストラリアケネルクラブ新規登録頭数トップ10 1位:ラブラドール・レトリーバー 2位:スタフォードシャー・ブル・テリア 3位:ジャーマン・シェパード・ドッグ 4位:ゴールデン・レトリーバー 5位:フレンチ・

日本の人気犬種、統計にみる推移
日本の人気犬種、統計にみる推移

筆者がドッグライターとして駆け出しの頃、それはつまり20年以上前の90年代の終わり。家庭犬のブームが起きていた頃です。当時の様子、今でも覚えています。ゴールデンレトリーバーとラブラドール・レトリーバーの人気ですね。同時にフリスビーなるドッグスポーツもアメリカから渡ってきて、盛んに競技会も行われていました。90年代の初めはシベリアン・ハスキーが大人気となりましたが、家庭犬としては決して易しい犬

フレンチ・ブルドッグの歴史
フレンチ・ブルドッグの歴史

皆さんは、愛犬の犬種の歴史を知っておりますでしょうか。今回はフレンチ・ブルドッグの歴史をご紹介します。愛犬がどのような歴史をたどってきたのか覗いてみましょう。

出店者紹介(Schnauzer)
出店者紹介(Schnauzer)

Schnauzer MEET UP 2021では、皆さまが1日を通してお楽しみいただけるショッピングエリアをご用意しております。いただいたコメントと共に出店社をご紹介いたしますので事前にチェックしてくださいね。

家族写真撮影(Schnauzer)
家族写真撮影(Schnauzer)

家族で撮れるスナップ写真撮影を行います。 きっと良い思い出写真になりますので、ご家族全員でイベントにご参加された記念としてに是非ご参加ください。

/