コッカーとスパニエル種の歴史について

皆さんは、愛犬の犬種の歴史を知っておりますでしょうか。今回はコッカーの歴史をご紹介します。愛犬がどのような歴史をたどってきたのか覗いてみましょう。

コッカーとスパニエル種の歴史について
・文:藤田りか子

スパニエルと名のつくブリードはたくさんいる。スプリンガースパニエル、コッカー、キングチャールズ,etc…。公認種だけでも10種以上はいるだろう。全員が長耳、毛長、そして一応にあの典型的な可愛らしいスパニエル顔をしている。犬種に慣れてなければ、名前と外見を一致させるのが難しいかもしれない。
それにしても、何故こんなにたくさんのスパニエルが?

・フランス人がスペイン産と言ったから…

スパニエルというのはフランス語で「スペインの(Epagneul)」という意味。けれど、不思議なことに現在スペインにはスパニエルルックスを持つ犬種が原産犬として見当たらない。言うなれば、日本人が小麦粉を当初アメリカからきたものとして「メリケン粉(アメリカンから訛って)」と呼び始めたようなものかもしれない(その国が原産でもないのに関わらず)。このイヌ達についても、たまたまスペインから最初に入ってきたという理由で、フランス人がそう名づけたのではないだろうか。
現在のスパニエルを最終的に形作ったのはイギリスに他ならない。イギリスへ渡ったフランス人が自分達が連れてきた狩猟犬を「スペイン犬」と呼ぶものだから、イギリス人も前へならえでそう呼ぶようになった。およそ13世紀頃の話だ。

・スパニエルというイヌとは

スパニエルは次第にある特定のタイプのイヌ、ヤマシギや小動物を狩るときにハンターを助ける猟犬の総称となる。喩えると、フランス人の持ってきた「スパニエル」というごった煮の中から、イギリス人が具を一つづつ抽出して、現在のバラエティ豊かなスパニエル種を作ったと考えればいいだろう。ウォータースパニエル(水猟犬)と区別するために、陸で活躍する狩猟犬として「コッカー」(ヤマシギ)や「フィールド」なんて言葉を名前にかぶせるようになった。貴族の近くでヒラヒラしていた割合小柄なコはさらに改良を受け、「チャールズ王のスパニエル(すなわちキャバリア・キング・チャールズ・スパニエル)」として抱き犬愛玩犬として後に登場する。

・様々に枝分かれしたスパニエル達

猟犬として活躍していた中世期、コッカー、スプリンガー、フィールドスパニエルあたりは区別が曖昧でほとんど同じイヌだったようだ 。その境目を作ったのが19世紀末ドッグショーが盛んになり犬種という概念がはっきりしてきた頃。
ショーの入り口に入ると、体重計があって
「あなたのスパニエルは11.5kg以下ですからコッカーとしてエントリーしてね」
という具合で分けられたそうだ。それより重ければフィールドスパニエルとして当日ショーで審査を受けた。だから兄弟犬たちが、その日を境にあるコはフィールドに、別のコはコッカーになったという不思議な事態も発生した。さらにフィールドスパニエルの中から背の高いコがスプリンガーとして区分されたということだ。

コッカースパニエルはその後ショーの発達と共に、かわいらしい見かけに磨きがかかり現在ある姿となる。アメリカに渡ったコッカーはアメリカナイズされ、ちょっと派手目になって「アメリカン・コッカー」という新種になった。

・コッカーの愛すべき性格はスパニエルのもの

スパニエル種のあの豊富さは以上のような経緯で誕生した。中でもコッカーなどが、人気の犬種であるというのは、可愛らしいスパニエル・ルックスと共に、彼らのスパニエルらしい気質が歴史を通して未だに受け継がれているからだ。フランス人の持ってきた「スペイン犬」は前向きで、明るく、柔軟な性格ゆえ、ハンターのよき友達となった。同じ理由で、彼らは現在家庭犬としてパーフェクトにマッチ。ロングランを誇る世界の愛玩犬となっていったのである。

グループ8:レトリーバー・スパニエル・ウォータードッグ

TOPICS

犬まみれ撮影会(Cocker Spaniel)
犬まみれ撮影会(Cocker Spaniel)

当日の14:00よりフィールドBにて、ワンちゃんだけの写真を撮る『犬まみれ撮影会』を行います。 ※画像は別犬種イベントでの犬まみれ撮影の写真です

集合写真撮影(Cocker Spaniel)
集合写真撮影(Cocker Spaniel)

▼集合写真撮影 コッカーフェスティバルにご参加いただいた皆さま、ワンちゃん達全員で集合写真を撮影します! たくさん集まったお友達との記念写真は、オフ会イベントならではの人気コンテンツです。 開催の時間はイベントが開始して、お買い物や休憩するスペースを確保した後、お昼頃を予定しております。 細かい時間は各オフ会の概要ページ、TIME TABL

free stitch MEET UP 2022 アンケート
free stitch MEET UP 2022 アンケート

フリーステッチの企画するオフ会イベントにご参加する、または参加を予定、検討している方にお伺いいたします。バス運行と会場内の休憩エリア、当日のお食事につきまして皆さまのご意見を参考にさせていただければと考えております。

2022秋イベント出店者募集 
2022秋イベント出店者募集 

フリーステッチでは春夏と秋冬の2シーズンにオフ会イベントを企画しております。そんなイベントにご出店頂ける出店者様を募集しております。ワンちゃんグッズ、ワンちゃんにちなんだ雑貨、人用グッズ、キッチンカーなど様々なジャンルの出店者の方々を募集しております。

純血犬種ではない犬 その2 ミックスとクロスについて
純血犬種ではない犬 その2 ミックスとクロスについて

人という動物にさまざまな人種があるように、犬にも犬種があります。とはいえ、人種とは異なり犬種の場合、非常に狭い個体数で繁殖が行われます。それゆえに近親交配度が非常に強いことが近頃の研究で指摘されています。さて、このような純血犬種がいる一方で、そうではない犬たちもいます。世界の犬総人口から犬種と呼ばれる犬を除いた残りの犬って、一体なんと呼んだらいいのでしょうか?

純血犬種ではない犬 その1 野犬とは
純血犬種ではない犬 その1 野犬とは

雑種犬とかミックスといいますが、何をもってこれら言葉を定義したらいいのでしょう?犬全体から純血犬種を除いた全ての犬、がそのカテゴリーと筆者は考えています。純血犬種を除いた犬全てとなると、「野犬」も含まれるでしょう。そして野犬は雑種犬とかミックスの一部でもあります。そこで今回は野犬についての考察を。

/