あんなに嬉しそうなチャは見たことがない

こんにちは

今日は、お客様のワンちゃんの「嘘のような本当にあった話」をご紹介しようと思います。

高校生の頃、チャという犬を飼っていました。チャはもらってきたときから臆病で、エサ係りの母以外にはほとんどなつきませんでした。

ある日のことでした。大型台風が我が家を直撃し、チャをつないでいた紐が取れてしまいチャは脱走してしまいました。近所の人に聞いて回ったり、タウン情報誌にお尋ねの広告を出したり、家族全員で探したのですが、結局チャは帰ってきませんでした。

それから1年後、学校から帰っている途中のことです。チャによく似た犬が人と一緒に散歩をしている姿を見つけました。家に帰って、家族にその話をしました。

すると、父が「あれは、チャだよ」と呟きました。

父が言うには、半年くらい前からその人に飼われているそうでした。私はチャを取り戻そうと提案しましたが、「あんなに嬉しそうなチャは見たことがない。あっちで飼われてる方が幸せなんだろうから、そっとしておこう・・・。」と、父が言いました。

そして、私たち家族も父の意志に従うことにしました。あれから20年近く経ちますが、今でもたまに思い出します。知らない人のところで嬉しそうにしていたチャの姿を。

なんだか、切ないような気がしますが、でもご家族のわんちゃんへの想いがとても温かいエピソードでした。こちらのお話をお聞かせくださったA・H様、ありがとうございました。

皆さんの「嘘のような本当に合った話」や「幸せを感じる瞬間」を、ぜひお聞かせ下さい。ブログやfacebook等でご紹介させていただきます。info@freestitch.jp まで、どしどしお寄せください。

ALL

TOPICS

【講師紹介】ぱれっと なかしまさん
【講師紹介】ぱれっと なかしまさん

オフ会イベントにて行うセミナーを通し、皆様とわんちゃんのより良い関係性、より良い生活を提案してくれる講師をご紹介します。

Yellow Dog Projectについて
Yellow Dog Projectについて

皆様はイエロードッグプロジェクトをご存知ですか? ”様々な理由”から「そっとしておいて」「近寄らずに見守って欲しい」というメッセージを込め、目印としてリードや首に黄色いリボン(バンダナなどのアイテム)を付ける、2012年にスウェーデンで発祥した活動です。 イエロードッグプロジェクト自体は『トレーニング中・治療中・友達に近づいてこられると反応してしまう』等など幅広く様

2022秋イベント出店者募集 
2022秋イベント出店者募集 

フリーステッチでは春夏と秋冬の2シーズンにオフ会イベントを企画しております。そんなイベントにご出店頂ける出店者様を募集しております。ワンちゃんグッズ、ワンちゃんにちなんだ雑貨、人用グッズ、キッチンカーなど様々なジャンルの出店者の方々を募集しております。

アンバサダー名刺
アンバサダー名刺

オフ会イベントを企画していくうえで一緒にイベントを盛り上げてくださるアンバサダーの皆さまには、特典として撮影会にご招待し撮影した写真をもとにアンバサダー名刺を作成しております。 過去のイベントにてご協力いただきました方たちの名刺を一部ご紹介いたします。 アンバサダーに興味がある方は参考にしてみてください。 アンバサダーへのご応募は

ALL
この犬種は愛玩犬種のグループに入ったほうがよくない?
この犬種は愛玩犬種のグループに入ったほうがよくない?

〈新しい愛玩犬種グループの提案 〉 現在、いわゆる愛玩犬と呼ばれる小型犬種はFCI(世界畜犬連盟)のグループ分けによると、大半はグループ9(愛玩犬種、トイ犬種)に属していますが、実は何種かは他のグループにも散らばっています。FCIはその犬の元々の機能(使役)によって、あるいはその犬種の起源となった犬種の使役をもとにグループを分けているので、たと

一筋縄ではいかないでもドッグ・スポーツに最適編
一筋縄ではいかないでもドッグ・スポーツに最適編

前回紹介した新しいグループ分けにおける、それぞれのグループについてその特徴を紹介します。今回は「一筋縄ではいかないでもドッグスポーツ最適」編です。

/