チワワの歴史

皆さんは、愛犬の犬種の歴史を知っておりますでしょうか。今回はチワワの歴史をご紹介します。愛犬がどのような歴史をたどってきたのか覗いてみましょう。

その小ささ、一体どこから来たの?
犬が野生の先祖オオカミから発展したという事実を考えると、チワワのサイズというのは生き物世界の七不思議の一つでもあるだろう。オオカミの体重は30〜50kgだが、そこからややもすれば1.5kgぐらいにしかならない犬種ができあがったのだ。人為的選択交配の結果とはいうが、これもイヌという動物の遺伝子バリエーションの広さを示している。チワワとマスティフの体重を比べれば、そこにはなんと約45倍の開きがあるのだ。馬の世界にも最小であるミニチュア・ホースがいるが、最大級の馬種と比較しても、いくらなんでもそこまで人為的に小さくするのは不可能だった。

謎は謎だけに、一方でチワワはとんでもない誤解を受けていたりする。日本のドッグ・ファンシャーにはとても考えられないことだが、アメリカでは「チワワってネズミとかモグラの親戚?」と質問する人もいるから困ったものだ。ちなみにネズミはげっ歯類、モグラは食虫類。チワワはイヌ科で食肉類に属する。 全く違う動物だ。まだここまでは人々の想像で可愛いものであるが、アメリカのチワワの犬種本(Chihuahua Completely Illustrated with Colour and Photographs By Barbara J Andrews)には、チワワが「フェネック」というアフリカのサハラ砂漠に住むキツネとのミックスではないか、という説が大真面目に展開されている。フェネックは、野生の犬科動物の中では一番小型のキツネ科の動物。なんとチワワ同様に1〜1.5kg程度しかない。おまけに耳が大きく、目がクリクリしている。たしかに見かけはチワワに似てなくもないが、そもそもキツネとイヌの交配は染色体の数が違うので不可能だ。フェネックの耳が大きいのは砂漠に住む動物として熱発散を最大限にするための機能、そして目が大きいのは夜行性だからだ。

現在は犬種の遺伝子を解析してオオカミとのつながり、どのように犬種が繋がっているか研究が盛んに行われている。これら研究でもチワワが他の犬たちの例にもれずオオカミの子孫であるのは明らかだ。そして面白いことに、今から8年前の話だが犬を小型にする遺伝子が見つかったという研究報告 もある。そしてこの遺伝子の仲間が中近東のオオカミにも見つかっているという。

地中海マルタ島、チワワの故郷?
チワワはメキシコのチワワ州を訪れたアメリカ人旅行者によって偶然発見され、買われていった。このイヌとさらにアメリカに連れて来られた数匹を土台として純血種として改良したものが、現在の犬種としてのチワワである。
だがどこからチワワのような小型の犬がメキシコにたどりついたのか、についてはやはり何もこれといった証拠はない。今から1000年前にメキシコ一帯に存在していたトルテック族はテチチという小型の犬を飼っていたということだ。12世紀頃トルテック族の地はアステカ族の支配となった。その時、テチチをさらに小型化してチワワの原型を作られたとも言われている。

しかし、新世界より地中海一帯がチワワの本当の故郷ではないか、という説を唱える人もいる。イタリアのサンドロ・ボッティチェリ(1445-1510)の絵画の一つにチワワらしきイヌが描かれているのは、チワワ・ファンシャーの間で有名だ。そのイヌは丸いドーム型の頭を持ち、目の離れ具合、耳の付きかた、脚の感じといい、まるで現在のスムース・チワワ。

これは、マルタ島(イタリアの隣にある島国)でポケット・ドッグと呼ばれていた古い小型犬がモデルになったと考えられている。当時マルタ島の人々はトルコ人の制圧から逃れイタリアに避難していた。そのときに連れて来られたイヌをボッティチェリは参考にしたのかもしれない。そして1500年代、スペイン人とポルトガル人がメキシコへ進出したおりに、彼らが故郷からつれてきたポケットドッグを置き去りにし、その個体が元になって中央アメリカにチワワの元となる犬ができたのではないか…?
ただし遺伝分子学の発達によってまたもやヨーロッパ発祥というシナリオは塗り替えられている。2013年にスウェーデン王立工業大学のピーター・サボライネンら研究者によってチワワには、1000年前からメキシコに存在していた古代犬と同じDNAが残されていることが発見された!

今時のチワワ事情
メキシコのローカル犬だったチワワ、今やその人気は世界的だ。日本では90年代の終わりから2000年のはじめ頃に流行りだした。その数年後にヨーロッパでもブームがやってきた。なぜこんなに人気が出たのか?それは人々の生活が世界的にアーバン化(都市化)を迎えているためではないかと思うのだ。都市に住む、ということはまずスペースに限りがある。忙しくて時間もままならない人も多いはずだ。その状況でも唯一飼えるのが世界一小さな犬種チワワ、と多くの人は考えたのではないか。場所を取らないから狭いマンションでも飼えそう、そしてもしかしてあまり散歩に行かなくてもいいかもしれない(忙しくて時間もないし…)。さらにチワワの可憐な見かけは気持ちを癒してくれる…。

しかし、その小さな体にかかわらず、チワワは犬としての一通りのニーズを持つ。小さくても、犬だ。退屈は嫌い。本来は散歩が大好きな犬である。お人形ではなく「犬らしい」生活を与えるのがチワワへの尊厳というものでもあるだろう。人気があるのは結構なことではあるが、「癒してくれる」など人のニーズばかりでチワワを求めないでいただきたいものだ。

■グループ9 愛玩犬(コンパニオンドッグ&トイ・ドッグ)

・文:藤田りか子

TOPICS

サポーター募集
サポーター募集

free stitchが企画しているMEET UPイベント全体をSNSを通してサポートしていただける方を募集いたします。 各犬種のアンバサダーさんとは違い、free stitchで企画している犬種イベントを幅広く盛り上げていただけますと幸いです。 【活動内容】 ・SNS投稿(月に1~2回程度) 【任期】 ・秋冬シーズン企画イベン

Chihuahua Festival 2024
Chihuahua Festival 2024

2024年秋冬、待ちに待った【Chihuahua Festival 2024- Chihuahua rooted in the Americas -】 が始動しました。このフェスティバルは、チワワとそのオーナー様が一日中楽しめる多彩なプログラムで、昨年の大成功に続き、今年も開催されます。前回は498名の参加者と376頭のチワワが集まり、大盛況でした。今年も皆様のご参加を心よりお待ちしております。 愛犬が思い切り走り回れるスペースや、ワンちゃんたちが安全に楽しめる広々としたドッグランをご用意いたします。また、トレーナーさんや講師による充実した体験型レッスンも用意しています。これらのレッスンでは、ワンちゃんとの生活の中でのヒントやトレーニングに関する貴重な知識を学び、オーナー様と愛犬の絆をさらに深めることができます。 さらに、このイベントはショッピングエリアや各コンテンツでの売上の一部はチャリティ活動にあてさせていただきます。皆様のご参加が、社会貢献にも繋がる特別な機会となります。 愛犬と共に素晴らしい一日をお過ごしいただけるはずです。楽しみにお待ちください! 次期アンバサダー募集中

50mスプリント結果発表(Chihuahua)
50mスプリント結果発表(Chihuahua)

50mスプリント参加数:97頭 次回のご参加も心よりお待ちしております。 【Chihuahua Festival 2023】

2024年秋冬企画イベント
2024年秋冬企画イベント

フリーステッチでは年間25犬種前後のイベントを企画・開催しておりますが、開催できる日程が限られておりどうしても企画ができない犬種のイベントもございます。 そこで、2024年秋冬イベントは一次締切日までのアンバサダー応募数や前回開催時の参加数に応じて、そのシーズンのイベント企画犬種を決めることとなりました。

ご長寿犬表彰(Chihuahua)
ご長寿犬表彰(Chihuahua)

Chihuahua Festival 2023にご参加いただくワンちゃんの中からご長寿犬を表彰します。

集合写真撮影(Chihuahua)
集合写真撮影(Chihuahua)

チワワフェスティバルにご参加いただく皆さまとワンちゃん達全員で集合写真を撮影します!

/