パグの歴史

オランダの犬?
欧米におけるパグ人気は、すでに戦前にさかのぼります。これはもう歴史的家庭犬のカテゴリーともいえますね。ただし日本でパグの名が一般的に知られるようになったのは80年代あたり。パグ人気の歴史の長さは違えど、この犬種に対する人々の前向きな見解は西も東もありません。

フレンチブルドッグ、ボストンテリアに並ぶ有名な短頭犬種ですが、しかしどこから来た犬なのか、実はあまり知られていないかもしれません。犬種スタンダードには原産国は中国であり後援国がイギリスとなっています。本によっては、パグはオランダからイギリスに連れてこられた、とも記されています。

パグが一世風靡したのは、今から400年前に遡ります。オランダ、イギリスをはじめとするヨーロッパ、そしてロシアの貴族階級の間にて人気の愛玩犬となりました。犬種専門家によっては、パグはオランダの犬と考えている人もいます。1800年代では《オランダ・パグ》」などと呼ばれていたそうです。1879年に犬種専門家であるストーンヘンジもオランダでのパグ人気をこう記しています。「オランダは、パグがとても好きな国であり、どこにでもこの犬がいるものだ」

オラニエ公を救った犬は本当にパグ?
ちなみにイギリスにおける最初のパグ人気はオランダ人であるウィリアム3世(1650-1702年)がイングランド王として即位した時代に遡ります。その頃はキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの前駆体でもあるトイ・スパニエルの全盛期だったのですが、ウィリアム3世(ウィレム3世)がオランダからパグを何頭かつれて来て以来、宮中ではすっかりパグ・ブームに。

ところで、ウィリアム3世の父、オラニエ公 (1533-1584)の命をスペイン軍の夜襲から救ったパグ、ポンペイの手柄話は有名です。敵がやってくる気配に気がついて寝ているオラニエ公を襲撃される前にワンワンと吠えて警告しました。さてはて、この犬が本当にパグであったのかどうか、実ははっきりしておらず、専門家によっては意見がわかれるようです。この逸話は実はキャバリア・キング・チャールズ・スパニエルの歴史話にも登場するのですね。おやおや!

しかし、多くの歴史家はオラニエ公と一緒に寝ていた犬はパグ、ということで同意をしています。というのも、この後、オラニエ家ではパグが好まれて飼われていたそうです。オランダで1600年代以降パグがとても人気となったのも、やはりこのオラニエ家の影響があると考えられています。

ブルドッグの小型版という説もあった!
ではオランダのパグはどこから来たのか。1700年代のフランスの博物学者ビュフォンは、パグはブルドッグのミニチュア版ではないかと考えていました。その説によると、まず、ブルドッグはオランダ人によって植民地である南アフリカに連れられました。そこで小型化し、その後、オランダに持ち帰られ、貴婦人のペットとなった、ということです。しかしこの説にはやや無理があります。というのも、ブルドッグに比べてパグの方がもっと歴史が古いからです。でもこの説は1800年代、割合広く信じられていました。

パグがオランダの犬ではないとすると、ではどこから?
中国やチベットには昔からたくさんのペタンコ顔の犬が存在していました。犬種歴史家の多くは、オランダは中国からパグの基になる犬を入れたのではないか、と考えています。オランダは東インド会社を通してアジアと交易を行なっていました。その中でアジア原産の犬が珍しい「商品」として流通されていたという事実もあります。

1800年代後期に犬種のブリーディングというホビーがイギリスで流行り始めると、イギリス人はオランダはもちろんロシアやオーストリア、中国からなど海外からパグを輸入し始めたといいます。そしてドッグショーに出陳。この流れの中ででパグは庶民の間でも知られるようになり、愛玩犬としての人気は現在に至ります。

■グループ9 愛玩犬(コンパニオンドッグ&トイ・ドッグ)

文:藤田りか子

TOPICS

Pug MEET UP 2025
Pug MEET UP 2025

2025年春、待ちに待った【Pug MEET UP 2025- Pug rooted in China -】 が始動しました。このフェスティバルは、パグとそのオーナー様が一日中楽しめる多彩なプログラムで、昨年の大成功に続き、今年も開催されます。今年も皆様のご参加を心よりお待ちしております。 愛犬が思い切り走り回れるスペースや、ワンちゃんたちが安全に楽しめる広々としたドッグランをご用意いたします。また、トレーナーさんや講師による充実した体験型レッスンも用意しています。これらのレッスンでは、ワンちゃんとの生活の中でのヒントやトレーニングに関する貴重な知識を学び、オーナー様と愛犬の絆をさらに深めることができます。 さらに、このイベントはショッピングエリアや各コンテンツでの売上の一部はチャリティ活動にあてさせていただきます。皆様のご参加が、社会貢献にも繋がる特別な機会となります。 愛犬と共に素晴らしい一日をお過ごしいただけるはずです。楽しみにお待ちください! 次期アンバサダー応募はこちらから

Pug
50mスプリント結果発表(Pug)
50mスプリント結果発表(Pug)

50mスプリント参加数:41頭 次回のご参加も心よりお待ちしております。 【Pug MEET UP 2024】 犬種別の平均タイムとランキングはこ

Pug
出店者(Pug)
出店者(Pug)

Pug MEET UP 2024では、皆さまが1日を通してお楽しみいただけるショッピングエリアをご用意しております。いただいたコメントと共に出店者をご紹介いたしますので事前にチェックしてくださいね。

Pug
ご長寿犬表彰(Pug)
ご長寿犬表彰(Pug)

Pug MEET UP 2024にご参加いただくワンちゃんの中からご長寿犬を表彰します。

Pug
フィールドコンテンツ紹介(Pug)
フィールドコンテンツ紹介(Pug)

フリーステッチでは【meet up】イベントを通してドッグトレーナーや各種講師とレッスンに触れていただくため4種類のセミナーやレッスンをご用意しております。 1.お悩み行動:吠える、ひっぱる等、改善していきたいこと 2.コマンドトレーニング:まって、おいで等の練習や応用 3.知っておきたい事:お散歩、マッサージ、犬の気持ち体験 4.ステップアップ:アジリティ、ノーズワーク、ダンス 等 各項目は入門編にあたる簡単な内容となっておりますので、レッスンが初めての方もお気軽にご参加ください。 本イベントを通して新しい出会い・発見をしていただけると幸いです。

Pug
しょうがいぶつ競走(Pug)
しょうがいぶつ競走(Pug)

愛犬と一緒に簡単な障害を設置したコースを走りましょう!

Pug
/