マルチーズの歴史

皆さんは、愛犬の犬種の歴史を知っておりますでしょうか。今回はマルチーズの歴史をご紹介します。愛犬がどのような歴史をたどってきたのか覗いてみましょう。

西のお座敷犬代表、マルチーズ
たとえ東洋と西洋、地理的に離れていても、人間の考えることは同じです。お座敷犬種は、金銭と時間の余裕がある貴族によって東と西で独立に作られました。東が、短吻のシーズーやペキニーズなど、西はシルキーコートのマルチーズやビション・フリゼーなど。東組シーズーと西組マルチーズがともに今もって愛されているロングラン小型愛玩犬だというのは、偶然ではないかもしれませんね。どちらも私たち人間のかわいがりたい欲を満たしてくれる、貴族お墨付き犬種なのですから。

宮廷の白い愛玩犬のブーム期
絹のような長い毛を持つ白い小型愛玩犬は、紀元前それも古代ギリシア文化が栄えた頃から貴族の間で飼われていました。婦人がどこにいくにも抱いて連れまわしていたということですから、今とそんなに状況は変わってないようです。

その後、白い犬たちは宮廷内だけに留まらず、貿易商にも見出されます。商人にとってはよい交易品の対象となったそうで、白い小型犬は地中海を中心に広がりました。白い小型犬の人気ピークは中世期からルネッサンスの頃。イタリアの大富豪のメディチ家は外交の贈り物として、ブリュッセルの貿易庁に8匹の白い小型犬(今で言うボロネーズ)を送ったとも。しかし、1800年代後半に入ると、トイスパニエル・ブームの到来で、貴族の間での白い愛玩犬人気は下火になります。

ところでマルチーズという名前は、「マルタ産」を意味します。マルタとはイタリアの西岸に面した小さな島国です。マルチーズはマルタ島が起源なのでしょうか?ただしマルタ島に白い小型犬がいた、という証拠はまったくないようです。マルチーズの公式原産国はイタリアです。

日本とヨーロッパのマルチーズ
さて日本ではマルチーズはかなり前から人気のある犬です。60年代に日本ではスピッツブームがありました。その後人気犬種として登場したのが、お座敷飼いのできるマルチーズです。このブームは70年代の初めの頃まで続きました。この2種はまるでタイプの違う犬ですが、ひとつ共通項があります。それは純白の犬種であるということ。グレート・ピレニーズも、80年代に憧れの犬としてよくテレビに登場しましたし、大型犬でもっともよく知られている犬種ですね。そう、日本人は純白の犬が大好きなのです。

不思議なことにマルチーズの本家であるヨーロッパでは、現在日本ほど知られている犬ではありません。海外にマルチーズ・ブームが訪れなかったのは、おそらく日本人ほど白にこだわりがなかったのかも?お座敷犬でかつ毛の長いタイプであれば、ヨーキーが人気の座をしめていますし、その他にもウェスト・ハイランド・ホワイト・テリア(ウェスティ)にダックスフンドそしてキャバリア・キングチャールズ・スパニエルも日本で知られる前に家庭犬としては一般的でした。つまり、日本よりもすでにいろいろな小型犬がすでに出揃っていたためにマルチーズは特に注目をうけなかったのかもしれません。日本以外でマルチーズ人気があった国はアメリカですが、それでも90年代のピーク時でアメリカンケネルクラブの統計では15位。トップ10には入りませんでした。

しかしブーム犬にならないだけで、ヨーロッパには根強いファンはたくさん存在します。それどころか、ドッグショーではたいてい上位に入ってくる花形犬種。それで、ヨーロッパでマルチーズをブリーディングしている人、あるいはその愛好家は、たいていショーに興味があるし、それゆえにフルコートで飼っている人が多いです。

ヨーロッパでのマルチーズの生活ぶりですが、その点では日本と同じ。完全なる愛玩犬。さすがに誰も番犬として飼う人はいませんね。しかし知らない人が敷地に入ってくれば果敢に吠えます。だから、「ドアベル」代わりになる、などと愛好家はいいます。そしてヨーロッパのマルチーズも、性格はたいへんに明るく、フレンドリー。ここも日本と同じ。だから好きになる人は徹底的に犬種にのめり込んでしまうのです。

■グループ9 愛玩犬(コンパニオンドッグ&トイ・ドッグ)

文:藤田りか子

TOPICS

2024年秋冬企画イベント
2024年秋冬企画イベント

フリーステッチでは年間25犬種前後のイベントを企画・開催しておりますが、開催できる日程が限られておりどうしても企画ができない犬種のイベントもございます。 そこで、2024年秋冬イベントは一次締切日までのアンバサダー応募数や前回開催時の参加数に応じて、そのシーズンのイベント企画犬種を決めることとなりました。

MEET UP 2023AW イラスト
MEET UP 2023AW イラスト

MEET UP 2023 秋冬ではイラストレーターであるcoricci(コリッチ)さんとコラボし、イベントオリジナルイラストを描いていただきました。

ウェストハイランドホワイトテリアの歴史
ウェストハイランドホワイトテリアの歴史

皆さんは、愛犬の犬種の歴史を知っておりますでしょうか。今回はウェストハイランドホワイトテリアの歴史をご紹介します。愛犬がどのような歴史をたどってきたのか覗いてみましょう。

Maltese MEET UP 2023
Maltese MEET UP 2023

12月3日(日)に開催を予定しておりました本イベントは、最小催行人数の100頭に達することが出来ず中止判断をさせていただきました。 ご参加を楽しみにお待ちいただいていた方、準備を進めていただいていたご出店者様には心よりお詫び申し上げます。 ご返金対応をさせていただきます為、参加予約をしていただいた皆さまは下記よりご返金申込をしていただきますようお願いいたします。 ■ご返金申込ページ(申込期限:11/17(金)9時まで)

Maltese MEET UP 2021
Maltese MEET UP 2021

Maltese MEET UP 2023 はこちら ------------------------ 【イベントの開催中止のご案内】 Maltese MEET UP 2021は開催1ヶ月まえの段階でご予約数100名(大人の人数)以下でしたため、開催中止決定をいたしました。イベントを楽しみにしていらした皆様・告知をご協力いただきました皆様・ご出店申込をしていただいた店舗様に大変ご迷惑をおかけしたことをスタッフ一同、お詫び申し上げます。 つきましては、ご予約済みのお客様にはご返金対応をさせていただきます。 ご返金方法につきましては [ポイント返還・銀行振込でのご返金]からご選択いただき対応をさせていただきます。 下記サイトにて、ご希望の対応をお手続きください。 ご返金受付ページ 我々主催者と致しましても大変悔しい結果となってしまいましたが、 来年、パワーアップして開催できるように準備を進めてまいります。次回開催時に皆様にお会いできます事を楽しみにしております。 ------------------------ 【公開記事】 ・アンバサダー募集 ・早期予約特典・セットプラン ・Customer’s dog photo gallery:今までにチャリティ撮影会に参加してくれたパピヨンのご紹介 ・会場[ご紹介] [アクセス] ・出店者 [募集] [ご紹介] ・講師ご紹介 [深澤さん] ・トレーニングレッスン・セミナー紹介 [ご紹介] [予約] ・チャリティ撮影会 [ご紹介] [予約] ・30m走 [ご紹介] [予約] ・イベント参加の記念に家族写真撮影 ・集合写真撮影 ・ご長寿犬表彰 ・チャリティがらぽん ・フォトコンテスト ・イラストレーターご紹介 ・イラスト紹介 ・イエローリボンプロジェクト ・歴史紹介 ・学生(プロのトリマーさん等)ボランティアさん募集 ・オフ会イベント Q&A

free stitch MEET UP 2023 アンケート
free stitch MEET UP 2023 アンケート

イベント当日のバス・休憩エリア・お食事につきまして皆様のご意見をお聞かせくださいませ。 必要とご回答いただいたお客様が一定数を超えましたら手配をさせていただきますため、本アンケートの事をSNSで投稿したりイベント参加を検討しているお友達に共有してみてください! イベントにご予約済みの方・参加を検討している方は下記アンケートのご回答へご協力いただけますと幸いでございま

/