ミックス犬にもお国柄がある!

ミックス犬にも実は血統種にまけないぐらい、いろいろな特徴があります。(ここで言うミックス犬はただしデザイナードッグを含めません)

日本にいるとピンとこないのですが、一度海外にでるとこれがはっきりわかります。たとえば、日本であれば柴ルックスのミックスが断然多いです。必ずしも血統付きの日本犬のように巻き尾とは限りませんが、立ち耳で、スピッツ系のキツネ顔をしています。いわゆるどこにでもいる「ポチ的」なルックスです。けれどこんなキツネ顔のミックスは、欧米の街角でみることってあまりないのです。欧米のミックス犬の多くは垂れ耳だし…。逆に日本犬ファンの欧米人が日本でミックスをみたら、凛々しい顔の犬がたくさんいる!と喜ぶかもしれませんね。

というわけでミックス犬にもそれなりのタイプがあるということです。そう考えると犬種的味わいすらでてきます。その国のミックスが持つ特徴こそ、その国にいる犬種の特徴だったりもします。だから外国で野良犬を見るのは、楽しみの一つですらあります。

例えば、ポルトガルの農村地帯に訪れたときは、立ち耳で、尾は長く、脚はすらりとしたクリームから赤いワイヤーコートのミックス犬をたくさん見かけました。ちょうど、それはポルトガルの国犬、ポデンゴを思い出させました。

旧ソ連のグルジアのコーカサス山脈地方を訪れた時も同じです。そこはコーカシアン・シェパードというマスティフ系牧畜番犬種の出身地でなのですが、村にはコーカシアン・シェパード風の頭部のしっかりとしたマスティフ系「ミックス」がうろうろしていました。「あっちにもこっちにもコーカシアン・シェパードがいる!」とついカメラをパチパチとやってしまったものです。野良犬の中でこれだけマスティフ風ルックスの犬が見られるだなんて大型犬ファンにとっては天国のようです。地元の人は、こんなミックス犬のどこがそんなに珍しいのかと写真を撮りまくる筆者をあきれて見ていました。一方で彼らは
「これはアメリカからやってきた血統付きのシュナウザーなんだ」
と自慢気に見せてくれましたが、こちらにすれば地元のミックス犬の方がよっぽど特徴があって面白かったです。

ただしヨーロッパでもドイツやオランダといった北ヨーロッパは野犬管理が進んでいるので、あまりその国ならではの野良犬はいません。野良犬に特徴があって面白いのはやはり南欧、東欧ですね。あまり大きな声で言えませんが、実は犬の管理が甘い国ほど特徴のある野良犬が多いのです。

と考えると、野良犬に見られるようなミックス犬と純血種の差なんて紙一重のものかもしれません。ある場所で特徴ある野良犬の個体群がとつぜん純血種として保存される、というような例があります。

いろいろな国でみた特徴あるミックス犬達
・ドイツ (ベルリン)
ドイツなど北ヨーロッパにはあまり特徴ある雑種は残されていません。ブル系の犬に人気があるために、ブル・ルックスの雑種をよく見かました。(ドイツ、ベルリンにて)

・フランス (ピレネー山脈)
フランスのピレネー山脈ではこのタイプのボサボサ犬をあちこちにいました。実はフランス・ピレネー山脈出身の血統犬種「ピレにアン・シープドッグ」というのがいるのですが、それととてもよく似ているのです。(フランス、ピレネー山脈地方にて)

・イギリス (ヨークシャー地方)
やっぱりさすがテリアの国、イギリス。ミックス犬にもテリア系のルックスが多いですね!(ヨークシャー地方にて)

・ポルトガル(リスボン郊外)
ポルトガルの海岸にはたくさんの野良犬やミックス犬が遊んでいました。その多くが、脚がすらりと長く、白地に赤い斑点の見かけをもつポデンゴ(ポルトガルの狩猟犬の一種)によく似ていました。

純血犬種ではない犬
その1 野犬とは
その2 ミックスとクロスについて
ミックス犬のおもしろさ
ミックス犬にもお国柄がある!

新たなグループ分け体系を作るとしたら
犬種のグループ分けの秘密

文:藤田りか子

TOPICS

2024年秋冬企画イベント
2024年秋冬企画イベント

フリーステッチでは年間25犬種前後のイベントを企画・開催しておりますが、開催できる日程が限られておりどうしても企画ができない犬種のイベントもございます。 そこで、2024年秋冬イベントは一次締切日までのアンバサダー応募数や前回開催時の参加数に応じて、そのシーズンのイベント企画犬種を決めることとなりました。

ウェストハイランドホワイトテリアの歴史
ウェストハイランドホワイトテリアの歴史

皆さんは、愛犬の犬種の歴史を知っておりますでしょうか。今回はウェストハイランドホワイトテリアの歴史をご紹介します。愛犬がどのような歴史をたどってきたのか覗いてみましょう。

CrossBreed MEET UP 2022
CrossBreed MEET UP 2022

11月19日(土)に開催を予定しておりました本イベントは、開催1ヶ月を切ったタイミングで最小催行人数の100頭に達することが出来ず中止判断をさせていただきました。 ご参加を楽しみにお待ちいただいていた方、準備を進めていただいていたご出店者様には心よりお詫び申し上げます。 ご返金対応をさせていただきます為、参加予約をしていただいた皆さまは下記よりご返金申込をしていただきますようお願いいたします。 ■ご返金申込ページ(申込期限:11/8(火)9時まで)

CrossBreed MEET UP 2021
CrossBreed MEET UP 2021

————————————————————– 【イベントの開催中止のご案内】 CrossBreed MEET UP 2021は開催1ヶ月まえの段階でご予約数100名(大人の人数)以下でしたため、開催中止決定をいたしました。イベントを楽しみにしていらした皆様・告知をご協力いただきましたアンバサダーの皆様・ご出店申込をしていただいた店舗様に大変ご迷惑をおかけしたことをスタッフ一同、お詫び申し上げます。 つきましては、ご予約済みのお客様にはご返金対応をさせていただきます。 ご返金方法につきましては [ポイント返還・銀行振込でのご返金]からご選択いただき対応をさせていただきます。 下記サイトにて、ご希望の対応をお手続きください。 ご返金受付ページ 我々主催者と致しましても大変悔しい結果となってしまいましたが、 来年、パワーアップして開催できるように準備を進めてまいります。次回開催時に皆様にお会いできます事を楽しみにしております。 ————————————————————– 【公開予定記事】 ・ アンバサダー募集 ・早期予約特典・セットプラン ・Customer’s dog photo gallery:今までにチャリティ撮影会に参加してくれたミックスのご紹介 ・会場[ご紹介] [アクセス] ・出店者 [ご紹介] ・トレーナーご紹介 [佐々木さん] ・トレーニングレッスン・セミナー紹介 [ご紹介] [予約] ・チャリティ撮影会 [ご紹介] [予約] ・30m走 [ご紹介] [予約] ・イベント参加の記念に家族写真撮影 ・集合写真撮影 ・ご長寿犬表彰 ・チャリティがらぽん ・フォトコンテスト [ビフォーアフター] ・イラストレーターご紹介 ・イラスト紹介 ・イエローリボンプロジェクト ・歴史紹介 ・学生(プロのトリマーさん等)ボランティアさん募集 ・オフ会イベント Q&A

free stitch MEET UP 2022 アンケート
free stitch MEET UP 2022 アンケート

フリーステッチの企画するオフ会イベントにご参加する、または参加を予定、検討している方にお伺いいたします。バス運行と会場内の休憩エリア、当日のお食事につきまして皆さまのご意見を参考にさせていただければと考えております。

純血犬種ではない犬 その2 ミックスとクロスについて
純血犬種ではない犬 その2 ミックスとクロスについて

人という動物にさまざまな人種があるように、犬にも犬種があります。とはいえ、人種とは異なり犬種の場合、非常に狭い個体数で繁殖が行われます。それゆえに近親交配度が非常に強いことが近頃の研究で指摘されています。さて、このような純血犬種がいる一方で、そうではない犬たちもいます。世界の犬総人口から犬種と呼ばれる犬を除いた残りの犬って、一体なんと呼んだらいいのでしょうか?

/