Dog Specialist Interview #03ドッグトレーナー 長和 ゆかり さん



ペット業界で活躍するスペシャリストに動物系学校のインターン生達がインタビュー!シリーズ 第3弾


"Harmony with Animals Mieli"を運営するドッグトレーナー長和さんへ、ヤマザキ動物看護大学インターン生の片岡さんにインタビューしていただきました。

Q1 自分自身を犬で例えるとなんの犬種でどんな性格だと思いますか?
A1 自分自身を犬で例えると私が一緒に暮らしているベルジュアンシェパードドック・タービュレンと似ていると思います。性格は明るく活動的ながらも繊細な一面があるというところで、自分で繊細といっている時点でどうなのかなとは思うんですけれども。あとはワンオーナードッグというふうに言われていて、一人の家族でもママさんやパパさんにとてもなつくと言われているので、そういう一途なところも似ているかなと思っています。

Q2 長和さんが考えるテリントンTタッチの魅力とはどのようなところでしょうか?また、長和さんがTタッチを学び、広めていこうと思われたきっかけはあるのでしょうか?
A2 テリントンTタッチの大きな魅力の一つは動物の気持ちを尊重しながら行うというところですね。動物に一方的に人が行うのではなくて、動物と人が一緒に行うというところが大きな一つの魅力だと思います。そしてTタッチでは動物に対して強制的なことは一切しないというところもあります。お互いに尊重しながら行うTタッチというのは色んなわんちゃんや人を魅了するものではないかな、と考えています。きっかけは、プラクティショナーになる前に様々なクライアントさんとセッションさせて頂くんですけれども、その時にいろんなわんちゃんや他の動物さんとセッションすると、どんどんみんな穏やかにいい方向に向かっていくんですね。それがうれしくて楽しくて、なんて楽しいんだと思ってこんなに動物に役に立つことであれば少しでも必要としてる動物に届いたらいいなと思いまして、今ワークショップを開催したりオンラインセミナーなども開催してお役に立ってればいいなと思っています。

Q3 長和さんはTタッチに加えて、日常生活のトレーニングやドッグダンスなどの指導も行っていると拝見したのですが、その知識や経験はどのように学ばれたのですか?
A3 トレーニングはもともと自分の犬と行っていました。オビディエンス競技という競技を行っていたんですけれども、2014年にFCIオビディエンスという世界大会がありまして、日本代表になって一番上のお姉ちゃんとフィンランドのヘルシンキの世界大会にでることになりました。その時に初めて、世界中のトップ選手や活躍する犬たちを生で目にしたときにすごく衝撃をうけたんですね。その時にもっと犬のことを知りたい、もっと本当の事を知りたいという風に思いまして、なにかをやらせたり強いたりするのではなく、精神的にも肉体的にも苦痛を与えることがないトレーンングを学びたいと強く思ったんですね。それがきっかけとなって、いろんなことを勉強するようになりました。海外の著名なトレーナーのセミナーやワークショップ、興味のあるものは片っ端から参加しました。その中でもユタ大学の博士で動物応用行動分析学のスペシャリストである「スーザン・フリードマン」博士という方がいらっしゃるんですけど、その方が行っているリビングアンドラーニングウィズアニマルズというコースがありまして、それはもう世界中の動物に関わるいろんな方たちが参加しているコースなんですね。ドッグトレーナーさんは勿論なんですけど、獣医師さんですとか、動物園関係者、海洋生物など犬以外の動物のトレーニングをしているトレーナーさん
そのコースに勉強して試験も終了して無事に修了しました。そんな風にすきなことをして学んでいるうちに周りの人が「トレーニングを教えてほしい」と言われたのがきっかけで「いいですよー」と教え始めたのですが、そしたら口コミで「あ、私も教えて欲しいです」という人が増え始めお仕事になっていったという感じですね。
ドッグダンスのきっかけも、犬と一緒に楽しいことをしたいなと思い犬と一緒に遊んでいたというのがきっかけで、それはポリシーがあって犬が楽しんでいる・犬のきもちを大事にしようというポリシーをもってやっていました。その私たちのダンスを見て、ぜひ教えて欲しいですという方もいらっしゃって、その方に教えたら「じゃあ私も教えて欲しいです」という感じできっあっけになりました。丁度おとといにドッグダンスの発表会のようなものがあったんですね。生徒さんと参加してきたんですけれども、その生徒さんは「優雅でとてもステキでした」ということで賞を頂きました。これは嬉しいので自慢させていただきます。

Q4 レッスンの際に怒ったり、「NO」と言わないトレーニングをされている長和さんは犬が望ましくない行動をとった際はどのように対処されるのでしょうか?
A4 「NO」というのは使う必要がないんですね。実際に私は今までレッスンの中で「NO」や「だめ」という言葉を生徒さんに使ったことが一度もないんです。かといって皆さんお利口なわんちゃんばっかりなんですねというわけでもなくて、本当に深刻なお悩みを抱えてきてらっしゃる方もいます。例えば、本当に外の犬に反応が激しくて外を歩くことが出来ない、ですとか何度も人も犬も噛んでしまっている、ご家族も縫うほどの傷を負っている、というような結構深刻なお悩みのかたも多いんですけど、そういうわんちゃんにも怒ったり「NO」という必要がないんですね。それでもどんな子も全てみんなよい方向へ向かっていっています。「NO」というのは人間にとってはすごく簡単なことなんですね。だけど犬からしたら「NO」といわれるとじゃあどうしたらよいの?だめなのはわかってるけどできないんだよ、という事が多いんですね。なのであまり「NO、NO」といっていると逆に関係が悪化してしまっている飼い主さんもいます。なぜかというと、いつもだめといわれてる人の近くって居心地がいいかなと想像するとなんとなく分かりますよね。なので、そもそもそういうシチュエーションでわんちゃんはどういうふうにしていったらいいのかという事を始めに伝えておいてあげる、あと私たちはどういうふうにしている姿を望んでいるのかということを自分自身がイメージできているかっていうことが大事になってくると思うんですね。「NO」という前に私たちがサポートとできることは本当に沢山あります。Tタッチではこういう風になってほしいと考えるんですね。
例えば「吠えないで欲しい」ではなく「穏やかでいて欲しい」、こんな風に考えます。そして望む姿をイメージすることがとてもパワフルです。できたことにフォーカスして広げていいきます。なになにしないでというのもあまり動物の役には立たないですね。例えば今「頭に赤い色を考えないでください」、どうですか。赤色を考えてしまいますよね。考えないでといわれるとやはりそれがイメージされてしまう。ていうことは、つまり「吠えないで」って犬に思ったりいうと犬たちはすごくイメージをキャッチする力に長けてますので、やっぱり吠えているシーンとかをイメージしてしまうんですね。それよりも、どういう風にしていってほしいかわんちゃんと会ってるけど、穏やかにしてるな伏せてるな、ってイメージを持ってあげることのほうが動物たちの役に立つと思います。
もし望まな行動をしたときどういう風に対処するか、というご質問なんですけど、そういったときには行動の種類にもよりますが、基本的にはその子が望ましい行動ができるようにサポートをします。方法は沢山あります。もし吠えているのならあれば、吠えている原因でとなるなにか刺激や対象があると思うんですね。もしかした犬かもしれない、バイクや車かもしれない、音かもしれないですね。そしたらまずそこから遠ざけてあげるその刺激から離してあげる、そのように環境を変化させることで、なるべく望ましくない行動が起きないように環境をアレンジするという事がまず一つ初めにできることだと思います。
Tタッチではなるべくこういうふうにしていたらいいよ、どのようにふるまっていたらいいのかということを伝えていきます。なのでそういうシチュエーションになったときでも、僕たちはこういう風にしてればいいんだよね。私は大丈夫そんな風に予め教えることが大事ですね。「お座り」トレーニングをしていて「お座り、待て」って言っても動いてしまった。こんな時も「ダメ」「NO,動かないで」というよりも、動いてしまったらその時そのことにたいしては何も言いません。そしてすることは、なぜ動いてしまったか・どういう風にしたら座ることがサポート出来たら、という風に考えます。一つ目は「お座り、待て」ということをきちんと理解できていないかもしれない、なんとなくこうだよねとしか理解していないかもしれない、もしくは、おうちの中ではできるけれど外では、色んな刺激があったり、犬や車があったり、ドキドキして座ってるの落ち着かないよと動いてしまったかもしれない、もしくは、体調が悪いかもしれない、そんなふうに考えることができます。もし理解ができていないのであれば、少し手前に戻ってじゃあもう一度お座りをして待つんだよ、ということを丁寧に教えていくと、同じお座りをして待っているという行動でも、「動いたらだめ」といわれた子は怒られるから待たなきゃいけないドキドキとまっている子と、「できたね」と教えられている子、このトレーニングはエラーレストレーンングといって失敗をなるべくさせないで、できていることを積み重ねて自信を育んでいくというトレーニングなんですけれども、そういうトレーニングで教えられた子は自信を持って「まてだよね、私わかるよできてるよ」、同じ待てという行動でもこんなに犬の気持ちって違うんですね。なのでただ形を教えるだけではなく、犬たちがどういう気持ちでそのトレーニングをしているかその行動を行っているか、ということを大切にして行きたいと思っています。

Q5 長和さんはどのような子にテリントンTタッチを行って欲しいと思いますか?また、テリントンTタッチに興味を持った方はどのように始めればよいのでしょうか?
A5 Tタッチはパピーからシニアまで、どんな種類の子にも役に立つことが出来ます。問題を解決するだけではなく動物との関係を深めることができます。わんちゃんが社会の中で寄りよく穏やかに暮らしていく、生きていくことを伝えるすべでもあるんですね。ご興味がありましたら、「Tタッチジャパンドットコム」で検索していただけますと、お近くのプラクティショナーを探すことが出来ます。私も対面でセッションを行っておりますし、オンラインセミナーも開催しておりますので全国どちらからでもご参加いただくことが出います。ご興味がありましたら是非参加してみて下さい。

長和 ゆかりドッグトレーナープロフィール

Interviewee: Dog trainer Yukari Nagawa
Interviewer: Intern student Ami Kataoka (ヤマザキ動物看護大学)

TOPICS

Dog Specialist Interview #05 ドッグトレーナー 冨塚 あすかさん
Dog Specialist Interview #05 ドッグトレーナー 冨塚 あすかさん

ペット業界で活躍するスペシャリストに動物系学校のインターン生達がインタビュー!シリーズ 第5弾 "dog training dog service Bande"を運営するドッグトレーナー冨塚あすかさんへ、ヤマザキ動物看護大学インターン生の元榮さんにインタビューしていただきました。

Dog Specialist Interview #04 ドッグトレーナー 杉山 健 さん
Dog Specialist Interview #04 ドッグトレーナー 杉山 健 さん

ペット業界で活躍するスペシャリストに動物系学校のインターン生達がインタビュー!シリーズ 第4弾 "Dog Port 清水"を運営するドッグトレーナー杉山さんへ、ヤマザキ動物看護大学インターン生の片岡さんにインタビューしていただきました。

Dog Specialist Interview #02 ドッグトレーナー 佐々木 健太さん
Dog Specialist Interview #02 ドッグトレーナー 佐々木 健太さん

ペット業界で活躍するスペシャリストに動物系学校のインターン生達がインタビュー!シリーズ 第2弾 "ABOUT DOGS"を運営するドッグトレーナー佐々木さんへ、ヤマザキ動物看護大学インターン生の片岡さんにインタビューしていただきました。

Dog Specialist Interview #01 ドッグトレーナー 森嶋 基起 さん
Dog Specialist Interview #01 ドッグトレーナー 森嶋 基起 さん

ペット業界で活躍するスペシャリストに動物系学校のインターン生達がインタビュー!シリーズ 第1弾 "ドッグスクールもりしま"を運営するドッグトレーナー森嶋さんへ、ヤマザキ動物看護大学インターン生の片岡さんにインタビューしていただきました。

【トレーナー紹介】WANCOTT 宍戸さん
【トレーナー紹介】WANCOTT 宍戸さん

オフ会イベントにて行うゲームや座学を通し、皆様にワンちゃんのしつけのトレーニングを教えて下さるトレーナーさんを紹介いたします。

【トレーナー紹介】Harmony with Animals Mieli 長和さん
【トレーナー紹介】Harmony with Animals Mieli 長和さん

オフ会イベントにて行うゲームや座学を通し、皆様にワンちゃんのしつけやトレーニングを教えて下さるトレーナーさんを紹介いたします。

/